輝(き)

初春、初売り、初釜、初夢・・・

お正月には「初」に彩られる言葉や事象が、何とたくさんあることでしょう。

言葉だけでも清々しい気持ちになれるような…新しい一年のスタートです。

着物が日常着だった時代には「着衣始(きせはじめ)」といって日用品を新年に新調するように、新年にふさわしい着物を新調する習慣がありました。

現代において「洋服を新調する」ということは少々そぐわない感はありますが、新年という節目を意識して何かを新調するという事も、気持ちの切り替えになるかと思います。

洋服に限らず、バッグでも靴でも小物でも…自分の中での「初○○○」として、気分転換を楽しめるのも新年ならでは。

「着衣始(きせはじめ)」の時代を生きた女性たちが、新調した着物に袖を通して新年を過ごした“晴れやか”な思いも、現代に生きる私たちが新年に何か“新しいもの”を通して抱く新春の華やいだ思いも、何か通じているよう思えます。

何か特別なことがあるという確証がなくても、どこか光り輝く期待を持たせてくれる…「新しいもの」にはそんな力があるものです。

どうか新しい年が輝かしい一年になりますように・・・心からお祈りいたします。

文・写真 堀内利子(ハーバルセラピスト)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

新春フォトコンテスト応募中 締め切り迫る 2016/1/31 詳しくはこちらから

 

関連記事

着れる喜び 着付ける喜び

美保姿きもの総合学院ホームページ

美保姿きもの総合学院
YouTube 勉強中

カテゴリー

ページ上部へ戻る