四季と暮らす コラム

7月 トマト

スーパーの野菜コーナー(もちろん畑も!)が、1年で1番華やぐ季節。 トマトの赤や黄色、紫紺の長ナスに丸ナス。 キュウリだけではなくてインゲンや枝豆、トウモロコシの緑。シマシマのスイカ。 気づけば、「ビールに枝豆、冷ややっこ!」は、...
12星座からあなたへ

美保姿きもの総合学院 『12星座からあなたへ 7月編』

12星座からあなたへ7月編をお届けします。『感情の湖にどっぷりつかる』かに座ならではの復活の仕方、好き好き。妄想から帰ってこれなくならないように、気を付けながら、どっぷりつかってみてみます。 お知らせ ゆかたで過...
四季と暮らす コラム

6月 サクランボ

サクランボとは、元々桜の実を指す「桜ん坊」からきているようですが、正式には「桜桃(おうとう)の実」と言うのだそうです。 赤い小さな実は、あまりにも可憐で、視覚的にも楽しませてくれるものです。 そして俳句では「夏の季語」として使われま...
12星座からあなたへ

美保姿きもの総合学院 『12星座からあなたへ 6月編』

12星座からあなたへ6月編をお届けします。体に良いものって、食べ物だけじゃないって、言葉ひとつで、勇気も出ます。あなたの心の栄養となりますように。 個人的には、『今必要なことは、できる限りのバックグラウンドを整えておくこと。どんな台風にも...
四季と暮らす コラム

5月 ふき

春の菜の花と、バトンタッチしたかのように、ぐんぐん太く、長く。 緑色の小さな傘が、ひしめき合いながら背比べを始めています。 春の使者「ふきのとう」も「ふき」も、そのベースにあるのは、ほろ苦さ。 そのどちらも大好きなのですが...
12星座からあなたへ

美保姿きもの総合学院 『12星座からあなたへ 5月編』

人の居なさそうなところを探す2021年のGW ラジオで聞いたのんですが、ある年齢になると、季節のお花が急に愛おしくなるんだそうです。 こどもの頃は、桜や梅より、小動物や、とにかく動くものに興味が向いていたのに。 そう、この...
四季と暮らす コラム

4月 なばな(茗花)

あちこちで見かける菜の花は、タンポポと並ぶ可愛い春の黄色。 ですが、畑の隅に咲く菜の花は、そもそも何の花? と、素朴な疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか? 毎年ゴールデンウイークに開催される「いいやま菜の花...
12星座からあなたへ

美保姿きもの総合学院 『12星座からあなたへ 4月編』

新コーナ、美保姿きもの総合学院 『12星座からあなたへ 四月編』をお届けします。穏やかな音楽と、癒しの言葉で、あなたの今日がより輝きますように。今回から、音楽担当の堀内実和子さんに、映像もお願いしました。文は、堀内利子さんです。さて、カルガ...
四季と暮らす コラム

四季と暮らす コラム 「冬眠明けのクマ」の気持ち

なぜでしょう? 「ふきのとう」のほろ苦さに触れた時、なぜか「冬眠明けのクマ」の気持ちになってしまいます。 ふきのとう、雪菜や菜の花、そしてこれから順次「旬」を迎えるタラの芽などの山菜も、独特の「ほろ苦さ」があります。 実はモル...
勇気のでる言葉

勇気のでる言葉

桜の知らせが、そろそろ聞こえています。勇気のでる言葉、少し元気になって、少し明るい気持ちになって、そして、一歩一歩。個人的には、『年を重ねるって、自分で自分を調律できるようになるということなのかもしれません』気に入りました。ご感想お待ちして...
四季と暮らす コラム

四季と暮らす コラム 椿の潔い「声」

椿と山茶花(サザンカ)はとても似ています。 その違いをどこで見分けるのかというと、それは花の「散り方」。 花がそのままポトリと落ちる椿。 花びらを1枚1枚散らすサザンカ。 咲いたままポトリと落ちる様が「縁起が...
勇気のでる言葉

十二支のための「勇気のでる言葉」~1月(睦月)~

2021年、最初の勇気のでる言葉お送りします。新聞の投稿欄、『古希過ぎに寄り添うものは初鏡』という句をみつけました。身なりをきちんと整えるだけで、気持ちは晴れやかになります。誰にも会わない日も、薄く紅をひき、整える身なり。自分を元気にしてあ...
四季と暮らす コラム

四季と暮らす コラム 松竹梅で願うこと

松竹梅(しょうちくばい) 様々に「ランク」付けする時の定番ですが・・・ はて? 松が上のランク?と、一瞬迷ったり。 とりあえず「竹」で・・・と、冒険せず「並み」で安心だったり。 でもなぜ「松」が上位で、「梅」が下位なのか。 ...
勇気のでる言葉

十二支のための「勇気のでる言葉」~12月(師走)~

2020年、ZOOMは、顔を見ておはなし出来る機会となりました。Youtubeでの発信は、各校のかくし芸大会のような様相を見せました。 そう、2020年は、悪いことだけではなかったような気がします。 もちろん、状況はそれぞれに違...
四季と暮らす コラム

四季と暮らす コラム シクラメン 頬をそめて過ぎていく

豚の饅頭? ブタノマンジュウ・・・? 驚くなかれ、シクラメンの和名です。 華やかで清楚なあのシクラメンに、なぜそのような名前がついたのか? つけられてしまったのか? どこからどう見ても、「豚」とか「饅頭」といったイメージとはほど遠...
勇気のでる言葉

「勇気のでる言葉」~11月(霜月)~

十二支のための「勇気のでる言葉」11月(霜月)をお届けします。 11月22日はいい夫婦の日の日でした。何かイベントしましたか?外出もままならぬ日々、人里離れた山間の散策は、良いリフレッシュになるかもしれません。今回は、いつも音楽を担当...
四季と暮らす コラム

四季と暮らす コラム 仏事にも慶事もオールマイティなマンネンロウ(ローズマリー)

「マンネンロウ」と言われたら ???「はあ?」となる方が多いのでは、と思います。 実はマンネンロウとは、ローズマリーの和名。 「マンネンロウ」は中国から日本に入ったとされていますが、漢字で書くと「万年蝋」となるそうです。 ...
四季と暮らす コラム

四季と暮らす コラム 「花にたとえたら、菊みたいね」

華やかさに欠ける。 しっかりと地に足がついていて、少々の事では揺るがない。 打たれ強い。 気品に満ちあふれている。 芯のある、しっかりとした香り。 だからなのか、仏前にしっくりくる。 以上が、良くも悪くも菊に対する個人的な思...
勇気のでる言葉

「勇気のでる言葉」~10月(神無月)~

認定式を受けられた皆様おめでとうございます。 十二支のための「勇気のでる言葉」10月(神無月)をお届けします。 さらなる上へ 自分史上最高の私に乾杯!!
四季と暮らす コラム

四季と暮らす コラム 風がよく似 合う「コスモス」

大きな世界(宇宙)をマクロコスモス 小さな世界(人)をミクロコスモスと指すように、 コスモスはそもそも「宇宙」という意味を持っています。 もともとcosmos(コスモス)はラテン語で、その意味は「愛や人生がもたらす喜び」?! と、壮...
タイトルとURLをコピーしました