四季と暮らす コラム 美しくて、可愛い。両方を兼ね備えた朝顔のように

2020 asagao nagano

朝顔の英名がJapanese morning glory!と知り、思わず笑みがこぼれました。

あまりに「そのまま」過ぎて。

 

朝に花を咲かせ、夕方にしぼむ花姿が「朝の美人の顔」とも言われるのだとか。

確かに、夏素材の着物を着て、楚々とたたずむ麗人のようにも見えます。

そして、浴衣や帯の朝顔柄は、やたら愛らしいものです。

 

美しくて可愛い。

それは女性にとってこの上ない賛美の言葉だと思いますが、朝顔はその両方とも兼ね備えているということでしょうか。

 

毎日たくさんの花をつけて楽しませてくれる朝顔ですが、花の命は短くて。

そんなところからなのでしょうか、花言葉は「はかない恋」。

 

梅雨が明けたなら、せめてカラリとお日様の恵みが「程よく」夏の植物たちに降り注ぎますように。

ままならない曇り空の向こうには、青空に「映える」入道雲がきっと出番を待っていることでしょう。

 

様々な夏の風物詩も自粛の折柄ではありますが、ご自宅の庭先や通りがかった風景の中で「夏」を感じてみませんか。

身近な「夏」を思い切り楽しむ!それが今夏のキーワードです。

 

文  堀内利子(ハーバルセラピスト/西洋占星術研究家)

 

美保姿きもの総合学院よりお知らせ

withコロナ 各学院では期間限定でオンラインきもの無料レッスン 受付中

LINEでお友達登録してお申し込みください。

関連記事

着れる喜び 着付ける喜び

美保姿きもの総合学院ホームページ

美保姿きもの総合学院
YouTube 勉強中

カテゴリー

ページ上部へ戻る