10月 サツマイモ

2021 スーパーで買う焼き芋 四季と暮らす コラム

実りの秋、収穫の秋は、土の中にも美味しいものがたくさん!

 

サツマイモも、ここ最近は品種豊富で、消費者の選択肢も増えてありがたい限り。

ホクホクがお好みなら、「紅あずま」や「なると金時」。

ネットリがお好みなら、種子島特産の「安納芋」を。

ちなみにスーパーの焼き芋コーナーでの一番人気は、「紅はるか」だそうです。

 

そして日本でのルーツをたどってみると、幕末の世の動乱との重なりが見えてきます。

薩摩,長州、土佐、肥前藩ではサツマイモが常食だったため、維新戦争に出兵する兵士の数が格段に多かったようです。

「イモ侍が、コメ侍を制していた」ということですね!

それはすなわち、サツマイモを多く栽培していた地域が、明治維新を支えたとも言えるでしょう。

 

その栄養価は、ビタミンB1,ビタミンCやカルシウムも豊富。そして特筆すべきは、何と言っても食物繊維を多く含んでいることです。

 

いつの間にか「焼き芋」はスーパーで買う時代。

寒い季節になると時々やってきた焼き芋屋さんも、今ではもう見かけることもなくなりました…懐かしい風物詩となってしまったことを、ふと気付きました。

 

文・写真 堀内利子(ハーバルセラピスト/西洋占星術研究家)

おめでとうの記念日

一生に一回のおめでとうの記念日は、きもの。

お近くの着付け師を出張派遣。ご予約はお早めに。

 

四季と暮らす コラム
_bituuをフォローする
長野市、松本市、高崎市、前橋市、甲府市  着付け教室 美保姿きもの総合学院のブログ 美苑通信
タイトルとURLをコピーしました