“美学を持つという事” 和装・和のこと VOL.17

フワフワとした純白のストールと振袖が
新成人の証(あかし)のように
キラキラとまぶしい笑顔が今年も真冬のあちこちを彩っていた。

美しすぎる氷上の舞を 見せてくれた 金メダリスト羽生結弦選手も
一歩リンクを降りると
鋭い覇者の瞳が あどけなさの残る20歳(はたち)の笑顔になって
エスプリの香る言葉で さらに 私を魅了してくれた。

二十歳(はたち)。
そんな人生の節目の時を、私は何を思い、どう生きていただろう。
先のことなど考えることなく、その日その日がただただ楽しかった。
若さは十分に武器になるという、幼くて青い、ズルさと、したたかさもあったかもしれない。
未来への不安など、かけらもないままに。

ここに二十歳の自分がいたら、今の私を見てどう思うだろう。

ここに二十歳の自分がいたら、私は何を伝えるだろう。

seijinshiki_nagano

若さという武器を失って久しいけれど、それに代わるものを一つ、また一つ・・・
集めていけたら理想なのだけれど・・・

女性に生まれたという事は
死ぬまで美しさを追い求めることなのだと、私は思っている。
もちろんそれは目に映るものだけでなく
生き方そのものに
美学を持つという事だと・・・思っている。

文・写真 堀内利子(ハーバルセラピスト)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事

着れる喜び 着付ける喜び

美保姿きもの総合学院ホームページ

美保姿きもの総合学院
YouTube 勉強中

カテゴリー

ページ上部へ戻る