和装・和のこと VOL.10

老いることが美しいと思える瞬間がそこにあった。

平日とは趣の違う週末の新幹線車内で、私の視線はすぐ前の席に座った着物姿の女性に吸い寄せられていた。

静かに走り出した新幹線の車窓に広がる新緑に、とてもよく映える薄紫の…正に盛りを迎えた藤の花が、まるでそこに咲いているかのような。

そして何より彼女を美しく見せていたのは、さりげなく結い上げられた彼女の白髪。

“白髪イコール老いの象徴“と、常日頃そして自他ともに感じさせられる現実の中で、「老い」というものに抵抗するかのように、髪にカラーを施し、流行を意識したファッションを追いかけている私。

50代となり様々な変化を感じつつも、どこか受け入れることができないまま日々葛藤している私にとって、そんなすべて

をさらりと吹き消してくれた彼女の白髪のうなじ。

 

まるで流れに身を任せるかのようにありのままのすべてを、薄紫の着物が優しく包み込んでいた。

そしてハッとした。

yukata_mihosugata2

流行を追うことが、白髪を「老い」と感じさせるのかもしれない。

・・・そう、トレンドに身を固めていると、白髪は老け感だけを際立たせてしまう。

時の流れの中で変化していくものを、そのまま包み込み寄り添ってくれるのが着物なのかもしれない。

 

ひっそりと私の前にたたずむ、薄紫の後ろ姿がそう教えてくれた気がした。

yukata_mihosugata1

 

 

 

 

 

文・写真 堀内利子(ハーバルセラピスト)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ゆかた着付け講座

今年も「ゆかた着付け講座」の募集をはじめました。和の真髄、ゆかた。ゆかたほど肌触りの涼やかなお着物には他の国にはありません。きちんと着こなして、町に美しい”ゆかた美人”の花をさかせませんか。

お問い合わせはコチラ

yukata_nagano_201420140530

 

関連記事

着れる喜び 着付ける喜び

美保姿きもの総合学院ホームページ

美保姿きもの総合学院
YouTube 勉強中

カテゴリー

ページ上部へ戻る