やりたい事と、やりたくない事と、やり残したこと

遠くの山々の雪化粧に 秋から冬へとバトンが渡されたことを感じる頃・・・

二十四節気の「小雪」は、本格的な冬の入り口。

スーパーに並ぶ「ふじ」や「野沢菜」に 冬支度を急かされているような気さえするけれど

「夏にはこれ!」で、「冬はこれ!」

という自分歳時記が きっとどなたにもあるはず。

 

 

「また今年もやり残したことだらけ」・・・そんな自己嫌悪にどんよりしながらも、

慌ただしい日常生活の中でほんの数分だけ

温かいコーヒーカップを 両手で握りしめる余裕だけはしっかりキープ。

そんな時間の中でふと思う。

できることと、できないこと、それは、やりたい事とやりたくない事なのだと。

 

12月の楽しいイベントが、シャンパンゴールドの眩いイルミネーションのように脳裏に煌めく。

心が向かう先は・・・クリスマスのアヴェマリアコンサートに 都心のイルミネーション。

「ふじ」や「野沢菜」では、気持ちが追い立てられるだけで決して高揚などしない・・・。

 

一夜明ければ、小さな電球が散りばめられただけの木々なのに

冬の夜を彩るフェイクな宇宙のきらめきは 一瞬の華やぎへと誘ってくれる。

 

「また来年もがんばってみよう」

美しい輝きに包まれる効用を実感するひと時は近い。

文・写真 堀内利子(ハーバルセラピスト)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

関連記事

着れる喜び 着付ける喜び

美保姿きもの総合学院ホームページ

美保姿きもの総合学院
YouTube 勉強中

カテゴリー

ページ上部へ戻る