KIMONOの名文 美文 ~「学院のご案内」より~

mihosugata-001

 

美保姿きもの総合学院「学院のご案内」

←画像をクリックいただくと、ページをご覧いただけます。

 

つい先日まで、猛暑だったのに、山の木々も色を変え、ここ信州も、随分秋の装いを感じられる日々となりました。今回は、上記でもご案内した「学院のご案内」より一部抜粋して、「きもの」にまつわる、名文、美文をご紹介します。秋の夜長、読書も風流かと思いますが、いかがでしょう。なお、全文は、「青空文庫」様にて、読むことが可能です。

名称未設定-1

岡本 かの子(おかもと かのこ)は大正、昭和期の小説家、歌人、仏教研究家。(現東京都港区)
青山南町生まれ。漫画家岡本一平と結婚し、芸術家岡本太郎を生んだことでも知られています。

 

名称未設定-2

『放浪記』『浮雲』などの代表作で知られる作家・林芙美子
『着物雑考』では、林ならではの感性で、普段着の着物について語られています。

 

名称未設定-3

水野仙子 福島県生れ。歌人服 部躬治の妹。「文章世界」に投稿した作品を田山花袋に認められ、上京。新進女流作家として活躍する一方、読売新聞社の婦人記者としても活躍。

 

半世紀以上前の文章なのに、古さを感じさせない新鮮な気持ちが伝わってきます。良い季節になりました。お友達をさそって、お着物そぞろ歩きも楽しいかもしれません。

~秋の着付け講座~ 長野、長野南、篠ノ井、安曇野、松本、群馬、山梨、前橋、高崎の各校で、募集しております。

お問い合わせお申込みは、フリーダイヤル0120-35-8035 お気軽に

 

 

関連記事

着れる喜び 着付ける喜び

美保姿きもの総合学院ホームページ

美保姿きもの総合学院
YouTube 勉強中

カテゴリー

ページ上部へ戻る