祖母の宝もの入れ

 

DSC_0447DSC_0443

幼いころ、祖母が見せてくれる「宝物入れ」が楽しみだった。ずいぶん整理をしたけれどと祖母は言いながら、箱の中には、
おしろいの入っていたケースや、小さな紅入れ、ガラスのブローチなどいろいろな小物が詰め込まれていた。

女性の多くは美しいものが好きだ。幼かった私も、その美しいものたちに
価値のあるなしに、うっとり見入り、訪ねる度に、「祖母の宝物入れ」をねだった。叔父は価値のないガラクタだと笑ったけれど、私には万華鏡を見る気持ちに似た昂揚があったのを覚えている。

祖母が亡くなり、数年が経った頃、叔父から不意に小荷物が届いた。季節の便りは交わすものの、遠方のそこに、子育て、仕事と追われる日々で、足も遠のいていた頃だった。
叔父の武骨な梱包だけれど、愛情込めて、それらはくるまれていた。

祖母の宝物入れは、今、私の宝物入れへと変わり、鏡台の奥に隠されている。

美しいものたちは、傍らで、私の身支度を見守っている。

 F塚

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

受け継がれたものを大切に・・・・

美保姿きもの総合学院 長野校・松本校・甲府校・長野南校・前橋校・高崎校・篠ノ井教室・安曇野教室・佐久教室
お問い合わせははコチラ

関連記事

着れる喜び 着付ける喜び

美保姿きもの総合学院ホームページ

美保姿きもの総合学院
YouTube 勉強中

カテゴリー

ページ上部へ戻る