長野

コラム 和のこと

“天に伸びるピアノ線” 和装・和のこと VOL.19

「それで着物はどんな色ですか?」 髪をアップにセットしていただきながら美容師さんに聞かれ、返答に困ってしまった。 「青と緑とグレーを4:3:3で混ぜたような色・・・でしょうか」 一般的な色の概念では即答できない、そ...
コラム 和のこと

和装・和のこと VOL.14

「幾久しく、お納めください」 「幾久しく、お受け取りいたします」 結納のおめでたい品々の、ひとつひとつに添えられたその言葉はまさに古式ゆかしく、 日本という国が「礼節」の国なのだと改めて背筋の伸びる思いがした。 ...
コラム 和のこと

和装・和のこと VOL.11

誰もが知る遠距離恋愛の恋人といえば、織姫と彦星のカップル。 それは天の川をはさんで向かい合う、こと座のベガ(織姫)とわし座のアルタイル(彦星)。 天の帝により結ばれた2人が、互いの仕事さえ忘れてしまうほど2人の時間に酔いしれてし...
教室の窓から

ホームページがリニューアル

本日、7月1日より、美保姿きもの総合学院のホームページがリニューアルしました。 各校の様子を選択できるタブも大きくなり、お近くのお教室を覗いてみてください。 っと、いうことで、いよいよ7月、帯軽やかに衣替え・・・。お祭りにまだ間...
教室の窓から

お知らせ FMぜんこうじにてPR たくさんのお問い合わせありがとうございました

6月2日(月)より13日(金)まで、FMぜんこうじさんにて美保姿きもの総合学院の”ゆかた着付け講座”ご紹介をしていただけることとなりました。 6月9日には、「ひるどき もんぷらワイド!」にブログでも奮闘中の北澤先生が出演します...
コラム 和のこと

和装・和のこと VOL.9

 「ラーメンの鬼」とよばれた、佐野実さんのお通夜に参列をした。 鋭い眼光や、ラーメンに対する情熱ゆえの厳しい言動に、世間は彼を「鬼」と呼ぶようになったのだけれど、個人的にはとてもシャイで穏やかなお人柄だったと私は今も思っている。 ...
コラム 和のこと

和装・和のこと VOL.8

 長野の3月は“春”というより、冬の終わりを伝えてくれる。 春の気配を遠くに感じながら、卒業式帰りの親子連れの姿を車の窓越しに見かける季節。 遠い昔に母と迎えたその時を、母となった私も娘とその門を何度か後にした。 卒業とい...
教室の窓から

春の講座がスタート

着付けや和のお稽古ごとをする人たちって、どんな方なのだろうと不安に思う方もあるのではないでしょうか?今回は、長野校の北澤さんをご紹介します。 20代、奮闘される北澤さんの日々は、迷っている若い世代の方々にも親しみやすい...
教室の窓から

祖母の宝もの入れ

幼いころ、祖母が見せてくれる「宝物入れ」が楽しみだった。ずいぶん整理をしたけれどと祖母は言いながら、箱の中には、 おしろいの入っていたケースや、小さな紅入れ、ガラスのブローチなどいろいろな小物が詰め込まれていた。 女...
タイトルとURLをコピーしました