“雨の日は特等席で” 花だより VOL.2

梅雨の曇り空に、紫陽花(あじさい)の青が映える・・・
雨が似合う花といえば、紫陽花(あじさい)。

 

良く晴れた日よりも、少しどんよりとした灰色の空と雨のしずくが似合うのは、
どうしてなのでしょうね。
雨が似合い、雨に愛されている紫陽花。
空の青を、雨が運ぶから紫陽花がその青を濃くするようにも思えます。

花びらに見える部分が実は「がく」で、肝心の花は「がく」の中央に小さく咲いています。
私たちは、その「がく」を見て紫陽花の美しさを思うのですが・・・

スッキリと快晴の太陽に照らされるより
やはり曇り空と雨の日の方が、紫陽花には似合います。
だから
どんよりとした梅雨のグレーの空が続いても
こんな天気の日も・・・・悪くはない!
そんな気持ちにしてくれる、6月のしっとりとした美しい花。

どんなに雨の日が続いたとしても
紫陽花の青は、雨降りの憂鬱を晴らしてくれるものなのかもしれません。

文・写真 堀内利子(ハーバルセラピスト)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きちんと着こなす浴衣体験、お稽古まだ間に合います。詳しくは各校へ

 

関連記事

着れる喜び 着付ける喜び

美保姿きもの総合学院ホームページ

美保姿きもの総合学院
YouTube 勉強中

カテゴリー

ページ上部へ戻る